時間が無限に溶けていく。豊かな人生を脅かすアプリは削除する

先日、とあるニュースアプリを削除しました。

使い始めたのは2週間ほど前から。このニュースアプリをダウンロードすると、別のアプリで漫画を読むためのポイントが貰えるというので落としたのがキッカケでした。

少しネガティブな内容を含むのであえてアプリ名を出すことはしませんが、ものすごく便利でおもしろいアプリでした。自分の好きなジャンルだけを選んで、タブを自由に並べ替えて管理できるし、ターゲティングの技術が使われているのか、トップ画面に流れてくるニュースも比較的興味のある内容のものが多かったように思います。

それだけ重宝していたアプリをどうして削除したのか?それは、ニュースアプリを使うことによって”時間が無限に溶けていく”ことに恐怖を感じたから。

自分でカスタマイズした興味のあるニュースばかりが流れてきて、しかもウェブのようなラグが無くサクサク読めるのでストレスもゼロ。喘息を発症して仕事を休んでいたこともアプリの利用に拍車をかけました。いつのまにか、無意識にアプリを開いて、ふと我に返るとニュース記事を読んでいるレベルにまで生活に浸透。朝目が覚めるとまずアプリを開いてニュースをチェック、気がつけば2、3時間が経っているなんてこともままありました。

これは本当に恐ろしいことです。ニュースを読むことで時事やトレンドに詳しくなるのはたしかです。ただ浮世の知識を得るための犠牲があまりに大きすぎる。すでにたった2週間ほどの間で莫大な時間を浪費してしまいました。

「時間を浪費するのが嫌なら見なければいい」という考えはもっともだと思います。しかし意志の力で無意識の悪癖をコントールできるようなリッパな人間では無いことは、自分自身が一番理解しているつもりです。ですからこれ以上時間を浪費しないために、物理的な対策が必要だったのです。

時間の浪費といえばもうひとつ、YouTubeを見る時間も非常にもったいなく感じているところです。

私はテレビを見ない代わりに、YouTubeは有料プランも契約中のヘビーユーザーです。アプリで視聴時間を確認できるのですが、今週に至っては一日平均21時間も利用しています。パソコンの前に座っている間はBGM代わりにウェザーニューズのLiVE放送を流し続けているし、寝ている間も睡眠用BGMを流しているのでこんなことになっています。

YouTubeにも、魂を向上させたり人生に役立つコンテンツはたくさんあります。仕事中には斎藤一人さんの講演会の音声や英語学習コンテンツ、深夜ラジオのアーカイブなどをあらかじめダウンロードして聞き流すのが私のルーチンです。

外で仕事中にYouTubeを聴く習慣は、むしろこれからも継続すべきだと思っています。ただ家にいる間のYouTube利用はもっと減らすべきだし、できれば止めるべきだと感じています。そうすることで莫大な時間が手に入ることも頭では理解しているはずなんです。あとは行動するだけ。

しかしこんな風に戒めを書いている最中にも隣のモニターではしっかりYouTubeの動画が流れております。改善にはもう少し時間がかかりそうなのですが、豊かな人生を歩むために、目標や行動と向き合っていきたいと思います。