電子申告(e-Tax)で確定申告をしようとしていて、意外な落とし穴にハマってしまったので情報を共有します。

e-Taxを利用するにはマイナンバーカードが必要なのですが、有効期限が切れていると、e-Taxを使うことができません。

問題は、マイナンバーカードには有効期限が2種類あるということなんです。

・カード自体の有効期限
・電子証明書の有効期限

弥生会計で確定申告しようとしてe-Taxにログインができなかったので、一度は有効期限を確認したんですね。

ただしカード自体の有効期限を見て有効だと思い込んでしまい、解決するまで時間が掛かってしまいました。

パソコン版のJPKI利用者ソフトでは、「有効期限切れ」だというエラーは表示されません。

私の場合、スマーフォンでJPKIモバイルアプリにて有効性確認をおこなって確認することができました。※カード自体にも手書きで有効期限を記載するようにはなっています

更新について調べてみると区役所のホームページには、

更新対象者には、有効期限通知書がJ-LIS(地方公共団体情報システム機構)から送付されます。

と書かれているので、もしかしたら通知が届いていたのかもしれませんが、まったく気づきませんでした。

実は昨年はスマーフォンをICカードリーダー代わりにしてログインしたので、ICカードリーダーは持っていなかったんですね。

でもはじめ同じ手順でログインしようとして失敗したので、スマートフォン側の原因だと思ってICカードリーダーを購入したのですが、どうやら原因は別のところにあったようで。

まあ3000円ほどで安かったし、ICカードリーダーはいろんな場面で活躍してくれると思うので全然いいんですけどね。

昨年に引き続き、またしてもe-Taxでつまづいてしまいました。

ひとまずメモ代わりに残しておくので短文&簡素ですが、e-Taxでお困りの方のお役に立てればうれしいです。